top of page

押し寄せるクリーンエネルギーの波

エントランスフォーメーション株式会社


つい最近まで、クリーンエネルギーが電力会社などにとって大変高価であると信じられていた時代がありました。これは化石燃料が支配する時代で、その経済性は無敵で代替不可能と思われました。特に米国では、風力や太陽光のように止めどない補助金に対する非難も多く見受けられました。それは水素などの新たなクリーンエネルギーに対するイノベーションと投資の時代とも言え、ニッチアプリケーションにのみ有益な取るに足らない活動の様でした。

時代は変わりました。最近の政府支援などの再び競争力を復活させる様々な努力にも関わらず、10年も待たずに石炭燃料は再生可能エネルギーに対するその経済的なアドバンテージを失うでしょう。再生可能エネルギーは広く普及するだけでなく、発電分野では石炭燃料やその他化石燃料をを置き換えるのです。なぜならそれはすでに今、より安価で政府の助成など必要としないからです。


早く、クリーンで安い

「再生可能エネルギーが早く、クリーンで安いのは最早現実なのです。またインドのエネルギー安全保障においての戦略的価値も大きく、投資する財政的意義が大いにあります。」

これはインドの自然資源防衛会議のエネルギー政策分析官であるSameer Kwatraが、インド政府が初めて石炭より太陽光エネルギーに投資すると表明した事に合わせて、インド気候ニュースのインタビューに答えた際の言葉です。これは2040年には2倍のエネルギー消費量になると言われており、CO2排出量が米国、中国に次いで世界3番目の経済新興大国からのビックニュースです。インディペンデンス誌は述べています。我々は再生可能エネルギーが化石燃料に取って代わるという、石炭時代の終わりの始まりを見ているのかもしれません。要するにインドでは、石炭利用が伸び続けている一方で、新たな投資の傾向は再生可能エネルギーに取って代わる方向に向かっているのです。なぜならそれは早く、クリーンで安いからであり、その傾向は世界の他の地域でも起こっています。

米国の電力会社はさらなるカーボンフリーへ

地球のため、我々の健康のために行動するー このような、高まるクリーンエネルギーの需要に対するため、電力・ガス会社などの上辺だけの「グリーンウオッシング」なジェスチャーはもう必要ありません。それはもうすでに経済的にも有意義なのです。自然資源防衛協議会の記事によれば、米国の電力会社による化石燃料フリーによる発電所運用のトレンドが進行しているそうです。その一つがウオーレンバフェット率いるバークシャーハザウェイが所有するMidAmerica Energyで、一年以内のカーボンフリーを目指しています。「Xcel Energyは世界で最初の、2050年までにCO2排出量を100%削減するメジャーな電力会社になります。コロラドの公益会社であるPlatte River Power Authorityは、2030年までに100%カーボンフリーな電力供給をする事を発表しました。そしてバークシャハザウェイが所有するMidAmerican Energyは、2020年中に100%の再生可能エネルギーから発電された電力を顧客に提供する初めての電力会社となるでしょう。 」

最近、YaleEnvironment360は以下のようにレポートしました。「XcelEnergyは、アメリカ中西部に現在残っている石炭火力発電所を計画よりも10年早く閉鎖していくでしょう。そして太陽光発電

による新たな3000メガワット分の能力を新設するでしょう。」Xcel Energyのミネソタ、ダコタ地区のオペレーション部門の責任者であるクリス・クラークによれば、これは顧客へのエネルギーの供給方法そのものを変革する一環だそうです。この動きはゼロ炭素電力需要の新たな時代への適応を目指した電力・ガス会社のビジネスモデル変革そのもです。

NRDCは、いかに再生可能エネルギー経済が石炭より魅力的かという彼らの分析を元に、「ベストの投資は気候に関するものだ。」と説明する。そしてそれは石炭を「変革の孤児」に追いやっていると。石

英国における石炭ゼロの5日間

優れた経済性による再生可能エネルギーの石炭との置き換えはグローバルな兆候です。いずれの電力会社も炭素フリーの電力系統への転換を目指す異なった戦略を活用し始めています。ブルームバーグによると、ひとつの有望な実験として2019年5月の第1週、「英国では5日間以上、まったく石炭を燃焼させていません。これは産業革命以来、最も長期に石炭を利用してない事になります。」

National Gridの運用者はブルームバーグに以下のように述べました。

再生可能エネルギーの利用が我々のエネルギーシステムでどんどん増える中、このような脱石炭の動きは徐々に新たな普通になるでしょう。我々は2025年までにはゼロ炭素で国中の電力システムを運用できるようなると信じています。これは適切に再生可能エネルギーMixを実現すれば、果たして石炭に依存している現在の電力会社などが容易にカーボンフリーに移行できるのだろうか、という多くの疑念を晴らせる事を証明しています。この最近の英国の試みは3回目となります。今年の初めにまず1日の脱炭素の日を実験し、その後90時間の実証を経て、5日間に臨みました。すでにある確固たる再生可能エネルギーMixがこれを実現したと言えます。ブルームバーグは、6年前40%であった英国の発電システムの石炭依存度は現在は5%まで低下している、と述べています。

よりクリーンな時代がより早く

我々は経済性という、過去石炭がエネルギー市場を支配してきたのと同じ理由で再生可能エネルギーがそれに取って代わる時代に入っています。これはまた、温暖化が深刻になる時代の後押しを受けて、クリーンエネルギーの活用の重要性が深刻に高まっているとも言えます。我々はすべての再生可能エネルギーの活用をより高めていかなければなりません。それは太陽光や風力だけでなく、水素や原子力も含みます。適正価格でいつでも、地球上どこでも。


#クリーンエネルギー

Kommentare


bottom of page